私が訴えたいこと

戦後70年を経た日本の現状は「アメリカの植民地状態」

オリーブの木代表、黒川 敦彦(あつひこ) でございます。
働いても働いても豊かにならない、そういう空気が日本中に蔓延しているように思います。
その理由は、戦後70年も経ったのにいまだアメリカの言いなりで、日本はアメリカの植民地のような状態になってしまっているからです。

日本国民の「お金」は海外に流出している

日本は、世界で一番「米国債」を保有している国ですが、この米国債は実質的に売れません。それは、日本国民のお金を、アメリカに「プレゼント」しているということなんです。
これは米国債の問題だけでなく、例えばゆうちょ銀行の貯金のうち約100兆円、年金基金の63兆円もが米国債やアメリカの金融商品を買うことに使われています。
本来、日本の中で回っていくべきお金、つまり日本国民のために使われるべきお金が、海外に流出しているんですから、国民は貧しくなってしまうのです。

世界を牛耳る国際金融資本

アメリカにはウォール街というところがあり、このウォール街を牛耳っているのは、国際金融資本と言われるような人たちで、彼ら信じられないような多額の資金を運用する「金融財閥」です。
特に「ロスチャイルド」「モルガン」「ロックフェラー」の3つの金融財閥は、アメリカの中央銀行FRBの設立に関与したと言われています。
世界の基軸通貨はドルですが、そのドルを発行しているのがアメリカの中央銀行FRBです。
FRBは民間銀行でありながら、その株主は公開されていません。
私たちが何気なく使っているお金は、とても不透明な状態で運営されているのです。

両国民のために国際金融資本に立ち向かう

アメリカが豊かなのは、ドルを擦りまくり世界中に配っているからです。
私たちの生活が苦しいのは、アメリカと、そのアメリカを牛耳る国際金融資本達が、庶民の生活を少しも顧みず、自分たちの好きなように、政治や経済を回しているからです。
このような状況に、 自民、野党問わずこれまで日本の政治家は、アメリカに対して「おかしい」と言えずにきました。
そこで私たち「オリーブの木」は、アメリカ・日本両国民のために、マネーゲームに狂う国際金融資本の暴走を止めるために立ち上がりました。

ベーシック・インカム導入は経済を豊かにする

「オリーブの木」が掲げる政策の中で、「ベーシック・インカム」という政策があります。
ベーシック・インカムは、マネーゲームに投じられているお金を、毎月3万円から5万円を国民に配ることで、経済全体を豊かにしていこうという取り組みです。

国民の声を国へ届けるために

「オリーブの木」は若い政党で、またいろんな個人、市民団体、政党が参加して作った連合体です。
だからこそ、党内民主を徹底し、党内を透明に運営していく必要があります。
いまITを使えば、日本全国に住んでいる人たちの意思決定や、政治に対する希望の声を届けていくことができます。
わたしたち「オリーブの木」は、みなさんの声を受け、みなさんと一緒に育っていく政党です。
わたしたちと一緒に、日本を変える取り組みに参加してください。
どうかよろしくお願いいたします。


黒川 敦彦(あつひこ)プロフィール

黒川あつひこ

40歳。愛媛県今治市生まれ。大阪大学工学部卒業。大阪大学で大学初ベンチャーの立ち上げに従事、その後、技術系ベンチャー十数社を立ち上げ、ベンチャー企業への投資コンサルティング業務を行う。リーマンショックを機に金融業会をやめ、農業と政治運動を行う中、家計学園問題を事件化した市民運動を主宰し、新党「オリーブの木」の結党に参加し共同代表に就任。2018年9月、Youtubeチャンネル「ピープルパワーTV」を開設。


ロスチャイルドを語った
オリーブの木 代表 黒川あつひこ 政見放送

2019参議院選挙 オリーブの木 政見放送 与党も野党も期待できない! だから新党「オリーブの木」! 対米自立 消費税を5%に戻す ベーシックインカムの実現 掲げた目標を達成するために、全力で今回の選挙に臨みます。 政見放送で ロスチャイルド モルガン ロックフェラーが アメリカの中央銀行FRBの設立に 関わっていたことを訴えました。 陰謀論ではありません。事実です。 行き過ぎた金融経済に終止符を打つためにも、既成政党が言えなかったタブーに切り込みます。


中野駅前で安倍首相と演説対決!

中野駅で丸川珠代の応援演説をする安倍首相に、演説で対決!してきました。 安倍首相は「おじいちゃんの代からCIA」ということも歌で思いっきり指摘してきました。 自民党支持者の皆さんに訴えたいこと。 どうして自民党を支持しているんですか? 自民党は本当の国民の幸せを考えていますか? ただなんとなく、とか、野党が頼りないから、とか、利益誘導してくれるから、支持しているのではないですか? 黒川あつひこ渾身の演説、聞いてください。


始まる世界恐慌!?

世界のデリバティブの総額は6京円です。 この6京円のデリバティブが爆発したら、 世界経済はおしまいだと思われています。 ドイツ銀行は、5500兆円のデリバティブを 持っていてその総額は、頭取にも正確にわからないと言って、 市場はパニックになりました。 デリバティブのリスクは本当に評価しづらいです。 リーマンショックの時の リーマンブラザーズは格付けAAAでした。 ドミノ倒しのように損が広がって、 想像をはるかに超える損害を出します。 金融バブルばかりが膨らんでしまい、 実体経済を押しつぶしてしまっている 世界の金融の問題をまとめて説明しています。 是非、ご覧ください!

最新Youtube動画はこちらからご確認ください!
ピープルパワーTV

名 前 黒川 敦彦(あつひこ)
選挙区比例代表
党役職代表
WEBhttp://demomon.com
Youtubehttps://www.youtube.com/channel/
Twitterhttps://twitter.com/democracymonst
Facebookhttps://www.facebook.com/atsuhiko.kurokawa